一般企業法務

一般企業法務

企業活動にはリスクの排除はもちろん、
事業戦略にも活かされる法律知識が不可欠

企業の事業活動は法律によって規制されており、企業経営は法律を守って行わなければなりません。
企業の活動や取引によって生じる様々な法律問題の予防、解決といった法律関連の事務を企業法務といいます。法律問題は企業活動を行う上で避けては通れないものであり、法的リスクを排除して損失を最小限に抑えることはもちろん、M&Aや知的財産権保護といった事業戦略を考える上でも、企業法務は重要となってきます。

企業法務の利用例

企業には様々な問題が発生する事が考えられます。事前の準備が大切です。
・会社設立の際の法務
・M&Aなどの事業戦略に関わる法務
・取締役会・株主総会の運営
・貿易、企業の海外進出などの国際取引関連
・会社訴訟や債権取立などの裁判関連
・人事問題、労使関係などの労務関連
・特許・著作権などの知的財産権関連

代理交渉

紛争やトラブルの解決を図る上で、重要なのが、相手との交渉です。裁判に至らずに早期円満に解決するために貴社に代わって弁護士が相手方との話し合いを進めます。
話し合いがまとまらない場合には裁判手続きになる場合もありますが、裁判よりは時間も費用もかかりません。

民事保全(仮差押、仮処分)

債権保全を前提とした仮差押、リース物件について処分禁止、占有移転禁止の処分などがあります。また、債権保全をスムーズに行うために、事前の公正証書の作成なども行っております。

PAGE TOP